千代田区労協


Mailto

労働相談はこちら

2022.5.19更新 

 

 ← クリック

     

 

【政界地獄耳】共催W杯20周年 日韓関係立て直しのキックオフあるか
 93年5月15日。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)を発足。最初の試合が行われた。そのスタートとともにクラブチームも今年30周年を迎えた。政界ではその年、宮沢内閣が内閣不信任案の可決を受け7月、第40回衆院選挙が行われた。選挙は新党ブームに沸き、自民党から飛び出した新生党や新党さきがけ、前年に結党された日本新党などの保守系新党が既成政党からその役割を替わろうとした。与野党の候補者はJリーグの曲を選挙のイメージに使った。

 結果、最後の中選挙区制度の選挙になったが自民党は比較第一党になったものの日本社会党、新生党、公明党、日本新党、民社党、新党さきがけ、社会民主連合、民主改革連合で非自民・非共産連立政権が成立。日本新党代表・細川護熙を首班とする連立政権が誕生、自民党対社会党のいわゆる55年体制が終わった。自民党初当選組には元首相・安倍晋三、首相・岸田文雄がいる。

 その後もサッカーと政治は密接な関係を見せる。02年5月から1カ月はFIFA日韓サッカーワールドカップ(W杯)が開催された。あれから今年で20周年になる。共同開催は日韓関係のみならず東アジア情勢に好転をもたらした。9月には当時の首相・小泉純一郎が日本の首相として初めて北朝鮮を訪問した。日朝首脳会談で国防委員長・金正日(朝鮮労働党総書記)が日本人拉致問題を公式に認め、日本人拉致被害者の5人が帰国した。年末には韓国で盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が就任。小泉とのシャトル外交がスタートした。今、日韓関係、日朝関係は見る影もないし、野党に政権交代の勢いがない。参院選後、近隣国との外交、野党の立て直しのキックオフはできないものか。

   
   

本日までの訪問者


since 2005.4.4

千代田区春闘共闘委員会
千代田区労働組合協議会

〒101-0061千代田区神田三崎町2-19-8 杉山ビル2階
Tel 03-3264-2905 Fax 03-6272-5263

Mailto chiyodakurokyo@gmail.com